名誉院長:高橋 亨プロフィール

実は、上の顔写真は10年以上前のものであり、現在はこれより貫禄が出ているはず。

1958年生
1981年 あんまマッサージ指圧師免許取得
1982年 はり師免許・きゅう師免許取得
1982年 3月東洋鍼灸卒業
1982年 鍼灸院開設(八王子)
1985年 渋谷区神宮前に移転

[お役目]

・はり師・きゅう師
・マッサージ師
・Tice式コーチング認定コーチ
・苫米地式コーチング認定コーチ
・気功/Reikiマスター
・免疫医学研究会会長(2014年~2017年)
・T’sメディカルコーチング代表
・T’s アカデメイア(旧寺子屋T塾)主宰
・風水・奇門遁甲家
・もの書き

これは割と最近の画像です。♪

[著書]

男と女の2Way マッサージ(マガジンハウスTARZANで創刊から2年間連載されたコーナーを書籍化)

男と女の2Way マッサージビデオ(ポニーキャニオン)日本初のマッサージVTR。

ビジネスマンのSEX学(情報センター出版)

疲れ目・肩こり・腰痛解消(池田書店)

スッキリ解消/腰痛・膝痛(永岡書店)

自分で治せる腰痛・膝痛(永岡書店)

[所属学会等]

・日本Bi Digital O-Ring Test協会
・国際色彩診断治療研究会
・鍼灸長野式研究会
・Dr.T メディカルコーチング学会

【足跡】

1980年代

当時(あくまでも当時の話)、ちょっと風変わりな方が多かったこの業界で、どうやらまともに会話が通じる鍼灸師として、テレビや雑誌からお声がかかることが多かった。
出演、テレビや雑誌で、当時(1990年代)超マイナーな分野であった鍼灸の普及に力を注いできた。

1984年頃から、今流行りの「美容鍼灸」を女優さんに限り施術。
当時は美顔針とかシワ取り鍼と言っていた。
大物女優さんとか、パリコレのモデルさん、あと大使館マダムなどのお顔を蘇らせ、喜ばれました。

このときの美顔鍼の技術は今流行りの美容鍼とほとんど同じもの。
40年くらい前に師匠から教わったので、今現在、「日本で初めて美容鍼灸を….」と言っている人がいるようだが、海外のものではなく、もとから日本にあったものだと私は記憶している。

2010年頃から、思うところあり、マスコミの取材は一切お断りしています。

理由は、(エラそうだけど)画面や紙面では正確な情報が伝わらないことへのジレンマ。

2014年 免疫医学研究会を発足(初代~3期まで会長を歴任)

著書はこの年までに5冊ほど出版。
冒頭で紹介している「2wayマッサージ」はベストセラー。
「あなたも治る 腰痛・膝痛」は15年に渡ってのロングセラーとなりました。

その後は、鍼灸医学の研究や、「感情と病の関係」、「病と心(脳)の関係」の研究をライフワークとしています。

2015年
表参道ビオ東洋医学センター名誉院長に|日本Reiki倶楽部を主催 

2016年
「寺小屋T塾」開始(塾長)

2017年 
コーチング理論を治療に応用。

2018年 
「T'sアカデメイア」開講 日本全国から優秀な先生が参加しています。
「セルフメディカルコーチングプログラム」を開発中

趣味/興味

ギターを始めて45年になってしまったが、腕前は当時のまま。
それもそのはず、上手かったらそちらの世界で活躍したはず。
それでも年に数回のライブを行っています。

読書
犬との散歩
一人で散歩
瞑想という名の昼寝

お酒はこの仕事を選んだときからいっさい飲んでいない。
お酒を飲むヒマがあれば本が数冊読める。
それに何より、この職業は感覚、感受性がいのち。
感覚を麻痺させるお酒は、飲むべきでないという信念がある。

実は、「ただの下戸なのではないか」という噂もあるが、40年も飲んでいない今となっては、どちらでもいいことにしましょう。